EVERLAST 濡れたタオルで拭くだけで文字が消せるノート

EVERLAST 濡れたタオルで拭くだけで文字が消せるノート

“EVERLAST”ってご存知ですか?

みなさん会議や取引先で内容をメモすることがありますよね?

これまではPCや携帯でメモをしていたのですが、刻々と変わる話題やデバイス自体のタイムラグのため、記録損じが時折ありました。

それに、取引先だと急にご要望を聞かされた際に「ちょっと待ってください」と言って、デバイスを取り出して起動させようものなら相手を待たせることにもなりますよね。

ずーっと使えるノート EVERLAST

ということで、最近ではアナログに戻りメモ帳を持ち歩いて何時でもメモが取れるようにしています。

勿論、ただのメモ帳ではないですよ・・・それが「EVERLAST」っていう超優れモノのアイテムです。

“EVERLAST”のご紹介

米国のクラウドファンディング史上最高支援額、なんと!合計4.8億円を集めた超人気商品です。

“EVERLAST”特徴~其の一~無限に使える

“EVERLAST”の最大ともいえる特徴は、濡れたタオルで拭くだけで書いた文字が消せて、何度でも使えるという半永久的なノートです。

無限に使えるノート:参照(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023842.html)

実は、”EVERLAST”に書き込む際には、フリクションペンで書く必要があります。インクが乾くまで10秒ほどかかりますが、乾燥後は、乾いたタオルで拭いても文字は消えません。

でも濡れたタオルで拭くと、映像にもあるようにきれいに消すことが出来るのです!

“EVERLAST”特徴~其の二~滑るような書き心地

合成ポリエステルで作られたEVERLASTは、自然で滑らかに文字を書き込むことが出来ます。むしろ引っ掛かりがなさ過ぎて、ペン先が滑りすぎる感覚があります。判りやすく言うなら、写真用紙に文字を書いてる感じでしょうか。

だからと言って、ページに変な光沢があるわけではなく、見た目やさわり心地は実際の紙に近いものです。

“EVERLAST”特徴~其の三~書いた内容は簡単にデータ化

「簡単に消せるのは良いけど、PCのほうがデータを残せるじゃん」って思った方!

“EVERLAST”は、ノートのページ下部にある7つのアイコンにマークを付けて、専用のアプリでカメラを起動し、ノートにかざすとアプリが自動的に読み取り範囲を選択。ずーっと使えるノート EVERLAST

アプリは瞬時に各ページを読み取ることができ、簡単にデジタル・ノートが完成します。

また、専用アプリのRocketbookが優れモノ!

アプリ設定は簡単で、7つのチェックがどのWEBサービスに対応するかを決めるだけ。

対応しているWEBサービスは・・・・

  1. GoogleDrive
  2. EVERNORT
  3. DropBox
  4. OneNote
  5. OneDrive
  6. slack
  7. box
  8. iCloud
  9. Email
  10. Message

なんと10種類に対応!ほとんどのWEBサービスに対応できると考えていいと思います。

アイコンマークに対応するWEBサービスを設定すれば・・・「カシャッ!」とシャッターを切った瞬間に、チェックを入れたWEBサービスにページ内容が、PDFもしくはJPGデータに変換されて保管されるという仕組みです。

これでE”EVERLAST”に書いた内容をデータ保存でき、”EVERLAST”からは書いた内容を消せるというわけです。

特徴~其の四~圧倒的なコストパフォーマンス

本商品のお値段は、アマゾンで4,980円・・・いや!ノートにしては高すぎる!って思いますよね?

でも”EVERLAST”は、1,000回以上再利用が可能と言われています。

一般的な、大学ノートが1冊80円として1000冊分ですから・・・普通なら8万円になるところを、なんと!4,980円ですよ。

つまり、7万5千円もお得というわけです!

“EVERLAST”のチョット残念なところ・・・

本当に気に入っている商品なので、これ以上の改善希望点はないのですが・・・あえて言うのであれば以下の3つです。

水で消した後、乾くまで待つ必要がある

待つといっても数秒ですが、水でふき取った後に直ぐに書けるわけでなく、表面の湿り気が乾くのを待つ必要がありますが、固く絞っタオルで拭き取った場合、30秒くらいで元の書き心地に戻りました。

完全に消えるわけでない

「完全に消えない」と言うと語弊があるかもしれませんが、要は「筆跡が残る」のです。

これは普通の紙でも同じことですが、消しても筆圧を強いと、筋みたいなものが残ります。

ただし筆圧を軽めに書いた文字は完璧に消えました。

結局、最初の数ページだけしか使わない

私が購入した”EVERLAST”は、裏表合わせて36Pですが、「書いてはデータにして消す」を繰り返しているため、結局最初の10ページほどしか使っていません。

会議用とか取引先用など、シーンに合わせて購入を考えているようであれば、ページ分けで十分対応できると思います。

まとめ:買ってよかった”EVERLAST”

ほとんど「コレ!」といった改善点が見つからないほど、私にとっては完璧なノートでした。

しかも、取引先でも話のネタになったり、メモやアイデアを直ぐに記録するとが出来るようになったので、購入して本当に良かった商品です

皆さんも、人生で最後のノートになるかもしれない”EVERLAST”いかがですか?

参照サイト

[blogcard url=”https://www.makuake.com/project/everlast/”]

 

お仕事でラクラクカテゴリの最新記事