Yotubeより安全! Google Drive でサイトに 動画 を埋め込んでみた!

Yotubeより安全! Google Drive でサイトに 動画 を埋め込んでみた!

Google Drive で 動画 配信されたことありますか?

「えっ!?動画配信と言えばYouTubeでしょ??」

と言われる方も多いはず。

でも最近は、YouTube動画の規約が変更されたり
有名YouTuberさんのチャンネルが削除されたりと色々大変みたいですね。

ある日突然、自分のチャンネルが削除される・・・

YouTuberの皆さんは不安ですよね?

その他にも、いつの間にか「動画が保存されて利用された」など
著作権の問題もあるようです。

良い動画を一生懸命作ったのに、他のサイトで紹介されてしまう・・・
嬉しいような、悲しいような・・・

YouTubeでの収益が目的ではなければ
他の動画配信ツールを利用しても良いのではないでしょうか?

ということで今回は「Google Driveを利用して動画配信する方法」をご紹介いたします!

GoogleDriveって何??

Google Drive 動画

GoogleDriveとは・・・

Gmailアカウントで15GBまで無料で利用できるオンラインストレージのことです。

参照:GoogleDrive 超便利なクラウドサービス

みなさんも、Googleアカウント持っていますよね?

もしまだ持っていない方は、まずはアカウントを作成しましょう!

アカウントが出来れば、直ぐにGoogleDriveを利用することが出来ます。

GoogleDriveに動画をアップする方法

Google Drive 動画

さてGoogleアカウントが出来れば
早速 Google Drive に 動画 をアップしてみましょう!

YouTubeの人気の秘訣は、アップロードまでの「手軽さ」ですが・・・

そこは大丈夫!

同じGoolgeが経営しているのでGoogleDriveに 動画を
アップする方法は非常に簡単です!!

GoogelDriveにアクセスしてみる

まずはブラウザでGoogleDriveを表示します。

左記のリンク『GoogleDrive
Google Drive 動画

またはGoogleのホームページから、以下の手順でアクセスが出来ます。

Google Drive 動画

GoogleDriveに動画をアップロードしてみる

GoogleDriveにアクセスできましたか?

あとはアップロードしたい動画ファイルを「ドロップ」するだけです。

簡単ですよね?

GoogleDriveMovie03

GoogleDriveが対応している動画ファイル

因みにGoogleDriveで再生できる動画のファイルですが・・・

  • WebM ファイル
  • MPEG43GPPMOV ファイル
  • AVI
  • MPEGPS
  • WMV
  • FLV
  • MTS

となっていますが・・・中には再生できない場合もあります。

GoogleDriveにアップロードする、
個人的におすすめの動画ファイルは「MP4」です。

これまで再生エラーもなくほとんどのファイルが問題なくアップロード出来ました。

アップロード動画を再生する

Google Drive 動画

さて、ここまでが「WEB公開まで」の下準備です(笑)

無事に動画のアップロードが完了しWEB上での再生が可能になると
動画のサムネイルが表示されます。

GoogleDriveMovie03

実際にダブルクリックするとブラウザ上で再生されます。

Google Drive 動画

アップロード動画共有設定

ブラウザ上で再生出来たことを確認できれば次は「共有」の設定です。

まずは、動画のサムネイル上で「右クリック」をします。

メニューが表示されますので「+共有」をクリックします。

Google Drive 動画

共有「詳細設定」を変更する

「+共有」をクリックすると「誰と共有するか?」が聞かれますので
「詳細設定」を選択します。

Google Drive 動画

詳細設定を見ると、初期値は「非公開自分だけがアクセスできます」になっていると思います。

Google Drive 動画

初期値の状態では、動画を見ることが出来るのは「アカウント管理者だけ」です。

Web上で公開できるように「変更」をクリックします。

共有対象を尋ねられますので、今回は一般公開を選択します。

Google Drive 動画

因みに、それぞれの共有範囲は以下のような内容です。

オン – ウェブ上で一般公開

対象となるファイルを誰もでもネットで検索できるようになります。

「多くの人に見てほしい!」場合は、この項目を選べますが
「このサイトに来てみてほしい!」場合などは
よく考えてから選ぶようにしましょう!

オン – リンクを知っている全員

提供される共有リンクを知っている人のみが
Googleアカウント不要で閲覧することが出来ます。

この記事の後で紹介しますが「動画をサイトに埋め込む」場合は
「埋め込み」は、動画リンクを貼り付けているので
サイトに来れば動画を見ることが出来ます。

オフ – 特定のユーザー

Googleアカウントを持っているユーザーのみに
共有リンクを提供する事が出来ます。

特定の人だけの公開なので、友人同士の共有に向いていますね。

「埋め込みリンク」の取得方法

では次に動画をサイトやブログに埋め込むためのリンクを取得しましょう!

新しいウインドウで開く

このまま動画ファイルを「右クリック共有」としたいところですが
それでは「共有リンク」だけでYouTubeのようにサイトに埋め込むことが出来ません!

まずはWEBで動画を再生すると右上にメニュー(「・」が3つ縦並び)
が表示出来ますのでクリックします。

Google Drive 動画

表示されたメニューの中から「新しいウインドウで開く」を選択します。

新しくブラウザが立ち上がり動画が再生されますので
もう一度メニューを開いてみましょう!

すると・・・

「アイテムを埋め込む」が表示されるようになります!

Google Drive 動画

遠回りしているような気がしますが、この方法でないと
サイトへの埋込リンクが表示されないのです(汗)

動画アイテムをサイトに埋め込む

「アイテムを埋め込む」をクリックすると
新しいウインドウが表示されると思います。

「HTMLを貼り付けてウェブサイトに埋め込む」の下に表示されている
文字列を全てコピーすればOK!

Google Drive 動画

サイトやブログを運営されている方であれば、記事を書く方法はご存知ですよね?

本サイトは、Wordpressを利用しているのですが
あとはYoutubeの埋め込み作業と同じで、コピーしたHTMLコードを
記事内にペースト(貼り付ける)だけでOK!


以上です!

GoogleDriveで動画を公開する前に

Google Drive 動画

いかがでしたか?GoogleDriveで動画を公開する方法も
意外と簡単でしたよね??

しかもGoogleDriveなら・・・

  • Youtubeのように運営側に権利を渡すこともない
  • 非公開動画はシッカリと保護される
  • サイト掲載の自由度も高い

などをのメリットを上げることが出来ます。

「よし!今日からYoutubeやめてGoogleDriveに乗り換えよう!」

と思われた方はチョット待ってください。

GoogleDriveに動画を公開する前に覚えておきたいことがあります。

GoogleDriveで動画公開する前に覚えておきたいこと

  1. 広告は無いので収益は発生しない
  2. サムネイルが自由に付けられない
  3. GoogleDriveは動画専用ではないため過剰なアクセス対応が難しい 

などを上げることが出来ます。

まぁ簡単に言うとブログで「チョット公開する為に利用する」というところでしょうか。

でもYoutube以外の動画を公開する方法を覚えておくのは
いざという時に役立ちますよね?

最後ですが、実はこの方法だと、簡単に大切な動画が
右クリックでダウンロードされてしまいます(汗)

次回は、GoogleDriveで公開している動画を
ダウンロードできないようにする方法をご紹介しますね。

 

GoogleDriveカテゴリの最新記事