GoogleForm で出欠確認!忘年会・新年会 もこれで安心

GoogleForm で出欠確認!忘年会・新年会 もこれで安心

GoogleForm 使ってますか?

アンサーパッドをはじめ、非常に便利GoogleForm!
年末に向けて何かと大活躍なので、
GoogleFormの活用方法第二弾をご紹介しようと思います。

それが、出欠確認アンケートです!

幹事泣かせの出欠確認

Googleform

年末になると忘年会
新年を迎えると新年会

幹事になんかに抜擢されると大変ですよね?

「〇〇さんは来るの?」と
メールや口頭で確認するだけでも一仕事です。

そこで、GoogleFormを活用されている方は
多いのではないでしょうか?

出欠確認は GoogleForm の得意分野

GoogleForm

出欠確認は、GoogleFormの得意分野と言えます。

だってGoogleForm = アンケート機能ですからね(⌒∇⌒)

回答者氏名は必須項目

さて早速、出欠確認アンケートを作成しましょう!

まずは「参加者氏名」ですが、
これは「記述式」にして、回答は「必須」に設定します。

これで「出欠回答者が誰かわからない」という
トラブルを避けることが出来ます。

Googleform

出欠確認はラジオボタンで

次に、出席するか欠席するかの項目ですが・・・・

これは、記述式ではなく「ラジオボタン」にして
回答選択を限定します。

あいまいな回答をされると困りますからね。

Googleform

要望欄はちょっとした気遣い

さて、出欠確認のフォームとしてはこれで十分ですが、
最後に「要望欄」を作ってあげるのは、幹事としての気遣いですよね。

  • 口にできない食べ物
  • 開始希望時間

などを自由に書き込めるようにしておけば
皆なが気持ちよく参加できます!

要望欄は「段落」にすれば、
記述式とは違い、長文の入力が可能になります。

ただし、これは「必須」ではないようにしておきましょう。
回答「必須」になると、要望の無い人には煩わしい項目になりますので・・・

GoogleFormの共有をお忘れずに

さて、これでアンケートは完成なのですが・・・

皆さんに届けないと意味がないですよね。

GoogleFormの上部にある、
送信ボタンで宛先を入力すればOKと思われるかもしれませんが・・・

Googleform

私がいつもしている方法は・・・
送信ボタンから「リンク」をクリックします。

次に短縮URLをクリックして、表示されたURLをコピー

Googleform

コピーしたURLをメールで送信といった方法です。

「メンドクサイ!」
と思われるかもしれませんが、
メールソフトだと使い慣れてますし
履歴やアドレスが使用できるので、私はこの方法を利用しています。

回答結果はスプレッドシートに表示

無事に出欠確認のアンケートを送信して
暫くすると参加者から・・・

「あの人は来るの?」
「今何人集まってるの?」

などの質問を受ける事があります。

そんな時でも「スプレッドシート」を見れば一目瞭然!

Googleform

スマホを利用されている方なら
「スプレッドシート」アプリをインストールしていれば
スマホでも確認することが出来ますよ!

通知設定でいつでも確認

さらに多忙な幹事さんの為に・・・
GoogleFormの回答先に指定した「スプレッドシート」の
「ツール」から「通知ルール」を設定できます。

Googleform

出欠確認アンケートへの回答が行われたら
指定のGmailにメールが送信されたり、
1日1回の回答状況を送信してくれるように設定もできます。

これで、参加者人数を見落として
予約人数を間違えるミスもなくなりますね。

チョットしたアンケートはGoogleFormを利用しよう

Googleform

いかがでしたか?

年末年始の新忘年会シーズンに仕えるツールですよね?

その他にも、お店の情報を載せたりすることもできますよ。

GoogleFormを使いこなすことが出来れば
仕事の効率もUPすること間違いなし!

ぜひ、試してみてくださいね。

GoogleDriveカテゴリの最新記事