男の趣味!! ラジコン ワイルドウイリー2 を買ってみた

男の趣味!! ラジコン ワイルドウイリー2 を買ってみた

ラジコン ・・・
男なら誰もが一度は手にし・・・
男なら誰もが一度はハマるもの・・・

ラジコン

人生も折り返しとなった2018年
これまで、まともな趣味がなかったことに気が付きました。
「美味しいものを食べることが好き」だけど趣味ではない。

これまでにも「ゴルフ」や「釣り」「キャンプ」にも
誘われたけど、イマイチしっくりこない・・・

このままでは「味気の無い人生」で終えるかもしれない
そんな焦りを感じた私は2018年初めから「趣味」を探し始め
辿りついたのが、ラジコンなのです!

小学生の頃、一生懸命に僅かなお小遣いをため
手に入れたラジコン・・・
友達と日が暮れるまで遊んだラジコン・・・

今一度、始めようじゃないか!

憧れの ラジコン ワイルドウイリー2

実は、子供のころから憧れていたラジコンがあるのです。
それがタミヤの「ワイルドウイリー2」

ラジコン

因みに、子供のころ保有していたラジコンは
「サンダードラゴン」「ファイヤードラゴン」です。

名前を聞いて「ピン!」ときた方は同年代ですね。
そう!私は子供のころラジコンボーイにハマっていたのです!
主人公が自由自在に操る「サンダードラゴン」や「ファイヤードラゴン」に
憧れたものです。

今、私は再び「ラジコンボーイ」いや「ラジコンおっさん」を目指します!

いや話が逸れてしまいました・・・(-_-;)
最初は「サンダードラゴン」みたいなバギータイプも考えたのですが
子供の頃に憧れた「ワイルドウイリー」で始めることにしました。

残念ながら、当時のワイルドウイリーは廃版となっており
現在は復刻版(?)の「ワイルドウイリー2」が出回っています。

ワイルドウイリーをご存知でない方のために
個人的なワイルドウイリーの魅力をご紹介します!

魅力1 ビックタイヤ

ラジコン
参照:タミヤ

ワイルドウイリー2の魅力は、なんといっても
ビックタイヤ!

タミヤには、ビックタイヤシリーズから数多くの
車体が販売されています。
興味のある方は是非!
https://www.tamiya.com/japan/rc/tgsp/bigtire.html

ビックタイヤは、そのタイヤの大きさから
あらゆる悪路での走行を可能にします。

更にクッション性のあるタイヤは
コミカルな動きを実現!

スピードではなくアクションを求めている
「ラジコンおっさん」にはビックタイヤは、
ぴったりのシリーズです!

魅力2 絶妙なボディ

ラジコン

次に挙げるワイルドウイリー2の魅力が
やはり絶妙なボディデザインですね。

雪道、水辺、森の中・・・
悪路をものともしないジープのようなボディ!

転げまわっても、ビクともしない頑丈なボディ!

その無骨さと堅牢さを兼ねそろえた絶妙なボディデザインは
「男心」を・・いや「漢心」をくすぐりますよね!

魅力3 豊富な改造パーツ

ラジコン
参照:Amazon

タミヤのラジコンには、モーターやベアリングなど
様々な改造オプションパーツが販売されています。

それだけでなく、ワイルドウイリー2は
ユーザーが沢山いるので、オリジナルパーツが
ヤフオクなどで販売されているのです!

つまり、世界に一つだけの
オリジナルワイルドウイリー2が作製できるということ。

久々のラジコン制作

そんなワイルドウイリー2の魅力に惹かれた私は
早速Amazonでポチリました。

今では、完成品があるようですが、
やはりそこは、組み立て品です!

ワイルドウイリー2が、届いてドキドキで箱を開けると
ぎっしりとパーツが!
この箱を開ける瞬間が、興奮しますよね!
興奮しすぎて写真撮り忘れてました・・・orz

昔のラジコンと違って
ギヤボックスは既に組み立てられていました。

ラジコン

これなら10歳の我が子と一緒に造れそうです。
ただボディ塗装は「ラジコンおっさん」が担当します!

中性洗剤で洗う

ラジコン

まず中性洗剤で塗装するパーツを洗います。

パーツを洗う理由として
パーツ成型時に油が付着する可能性がある
中性洗剤で洗うとのことですが・・・

油が付いて塗料が、弾かれるなんて経験した事はありませんが・・・

サーフェーサーで下地作り

次に重要なのがーフェーサーでの下地作りです。
今回は、Mr.サーフェイサー徳用 スプレーを購入しました。

ラジコン

サーフェーサーの役割を簡単に説明しますね。

  • 接合部分を目立たなくする
  • 塗料の付着をよくする
  • 色を均一に揃える

ということで、丁寧にまんべんなく塗ります。

ラジコン

全てのパーツにサーフェーサー塗り終えたら
次はいよいよ本番です。

スプレーで重ね塗り

さて、いよいよ本番の塗装ですが・・・
ワイルドウイリー2のオリジナルカラーはグリーンですが
今回は、オリジナリティを出すために
タミヤTS-1 レッドブラウンしました!

ラジコン

スプレーのため一気に塗ると塗料が垂れてしまいます。
薄く何度も何度も重ね塗りをして仕上げます。

ラジコン

他のパーツや細部も塗って、シールを貼って・・・

ラジコン

完成です!
良い感じです(⌒∇⌒)

周辺機器の購入

ボディ塗装が終了すれば、いよいよシャーシの作製です。

ネジサイズを合わせてパーツを切り出して・・・
10歳の我が子が組み立てます。

ラジコン

シャーシを組み上げて、別売りのパーツを組み込みます。
今回購入した別売りパーツをご紹介します。

サーボ&コントロールユニット

ステアリングの役割を果たすサーボは
その安さとAmazonの評価から
SG5010 デジタルサーボを購入しました。

ラジコン

そのサーボとモーターの回転を制御する
コントロールユニットは・・・
QuicRUN-1060-Brushedを購入しました。

ラジコン

今回選んだコントロールユニットは、
防水かつ防塵のため、どんな悪路でも走行可能です!

送信機

そして、そのコントロールユニットを操作するのが
送信機つまりプロポですが・・・

ラジコン

GoolRC TG3にしました!
海外ブランドですが、高い受信感度と低電力消費もあるのですが
なによりもデザインに惚れました!

バッテリー&充電器

ラジコン

そしてバッテリーは、
AC急速充電器+4000バッテリーを購入しました。

タミヤの標準バッテリーの2.7倍!
約3時間半でフル充電が出来ます!

大容量バッテリーを購入して大正解!
子供の頃の記憶では、10分程度でバッテリー上がりでしたが
このバッテリーだと30分以上連続走行が出来ました!

そんなにも長時間走らせることもないので
いつも一度の充電で2日に分けて遊ぶ感じです。

買って良かった名車 ワイルドウイリー2

ラジコン

完成したあと早速走らせてみました!
いやぁ、ワイルドウイリー2買って大正解でした。

予想以上のスピードとコミカルな動き!
転びそうで転ばない安定した走り
時間を忘れて童心に戻り遊びました。

これから少しずつ改造して、オリジナリティを出そうと思います。

また少しずつブログで紹介しますね。

趣味の部屋カテゴリの最新記事