WordPress 備忘録:子テーマでオリジナルカスタマイズ

WordPress 備忘録:子テーマでオリジナルカスタマイズ

お気付きの通り、本ブログは”WordPress”にて作成されております。

“WordPress”を知らない方の為に一応簡単に言うと、「誰でも、それなりのホームページやブログが作れるソフト」のことです。

あまりにも有名で、IT素人の私が利用しているくらいですから、本サイトを見てくださっている皆さんは『ナニを今さら』と失笑されるかもしれません・・・

でも、だからこそ初心者でも判るような情報を自分の備忘録のためにも残しておこうと思います。

今回は、”WordPress”に慣れてくると必ずしたくなる『カスタマイズ』・・・のための準備を備忘録として残します。

考えなしにカスタマイズするのは危険

最近の”WordPress”テーマは、非常にオシャレで機能的!でも、小さな変更を加えたい!って思うことがありますよね?

で!一生懸命調べて、”WordPress”テーマ自体や機能が記述されている『PHPプログラム』や色やデザインを担当する『スタイルシート』と呼ばれるプログラムを修正・追記して、自分だけのホームページやブログを完成させます。

でも・・・”WordPress”は、安全な環境を維持するため、テーマが随時バージョンアップされます。

当然、”WordPress”テーマは最新版に更新すべきですが、更新することで一生懸命カスタマイズした内容が、初期値に戻ってしまうのです!

私も、その一人で”WordPress”を触り始めた頃、一生懸命カスタマイズした内容が一瞬で初期化されて絶望したことがあります・・・

WordPress 子テーマ
子テーマならテーマの編集内容は維持される

子テーマ??

そう!”WordPress”を利用する際には、テーマの『子テーマ』を準備することをオススメします。

子テーマとは・・・親テーマ(提供される元のデザイン)の機能とデザインを継承したテーマのことです。

もっと解かりやすく例えるなら『イロイロな洋服(子テーマ)を着てカッコよくなる』ってことです。

WordPress 子テーマ
子テーマを利用することで、親テーマが更新されても、デザインや機能が失われることはありません。

子テーマを準備する

親テーマは、『”WordPress” テーマ』で検索してダウンロードしたり、”WordPress”インストール後にダッシュボード(管理画面)からダウンロードすることが出来ますが、子テーマはそうはいきません。

中にはご親切に、「このテーマの子テーマはコチラです」みたいに用意をしてくださってますが、殆どは自分で用意する必要があります。

では早速、子テーマを作ってみましょう!(以下の説明は、FTPを利用しない方法です)

子テーマを準備する ~子テーマ保存フォルダーを作る~

これは簡単!

自分のパソコンに、子テーマのデータを保管するフォルダーを作成します。

この時、どのテーマの子テーマなのかが判るように、「◯◯(親テーマ名)-child」にします。

子テーマを準備する ~style.cssを作る~

いきなりハードルが高くなったと思うかもしれませんがご安心を!

まずは、以下のコード記述をコピーして貼り付けて下さい。

もし、コードをエディターなど使用せずに記述する場合、「メモ帳」を使用することが出来ます。

次に、Theme Name 子テーマの名前に変更します。保管フォルダーと同じで「◯◯(親テーマ名)-child」にすると良いと思います。

さて、次が重要です『Template』を親テーマデータの保管フォルダー名にしてください。スペルミスで認識されなくなってしまうので、きちんとフォルダー名を確認して記述しましょう!

記述が出来れば保存ですが、ファイル名を「style.css」にして、先の「子テーマ保存フォルダー」に保管して下さい。

ここで注意!メモ帳を使用されている場合は、文字コードを「ANSI」など、他のコードにすると文字化けなどエラー表示される可能性がありますので、「UTF-8」にして保存して下さい。

子テーマを準備する ~functions.phpを作る~

次は、そのままです。

これも先程と同様に、ファイル名を「functions.php」にして、先の「子テーマ保存フォルダー」に保管して下さい。

子テーマを準備する ~保存フォルダーをアップロードする~

準備した「子テーマ」データをアップロードします。

FTPを利用されている場合は、親テーマが保管されている同じ階層である 『…/wp-content/themes』 にアップロードすればOKです。

“WordPress”のダッシュボード(管理画面)から、アップロードする場合には、一度「子テーマフォルダー」を圧縮しzip形式にします。

次に圧縮したフォルダーを管理画面から、「外観 テーマ 新規追加 テーマのアップロード」の順に勧め、圧縮した子テーマフォルダーをアップロードすればOKです。

WordPress 子テーマ

子テーマを準備する ~子テーマを有効にする~

アップロードが済んだ子テーマは、管理画面から、「外観 テーマ」で確認することが出来ます。

「有効」にし、親テーマと同じデザインが表示されれば完了です。

まとめ:”WordPress”を使うなら子テーマは必須

以上、子テーマの利用についてまとめてみました。

かつて、”WordPress”のテーマがアップデートされ、一生懸命カスタマイズしたデータが消えてしまった時は、泣きそうになりました。

今回、過去の自分への自戒の念と、そして「私と同じ過ちを”WordPress”初心者の方々が繰り返すことがないように」と思いから記事にしました。

今後、”WordPress”を利用して、ホームページやブログを作成される方は、是非とも「子テーマ」を作成してから利用してくださいね。

Wordpressカテゴリの最新記事